逆算手帳を使い始めました

気が付けば2月の最後の投稿から半年以上経ち・・・

このアカウントの存在すら忘れていた昨今です。いやはや。

インターネットの世界にはこういう場もたくさんあるのかなぁ。

ここ半年で、変わったのは

・英語を教え始めた : 2月の最後のブログに書いていた教室とは別に、自宅で自分の娘とそのお友達に、それとまた別に 姉のところの姪っ子とそのお友達に、レッスンを始めました。なかなか楽しい。けれど、教える事自体にはなかなか自信もやる気も持てず。。。実際にそれを使う機会をどうやって作ってあげられるか、というところにやりがいを感じています。近所の観光スポットに出かけて、折り紙の作り方を英語で教えてあげる時間を作ってみたり、知り合いのアメリカ人を招いてみたり。教室のバイト以外はほぼボランティアですが、それでも楽しんでやっています。

・新しいトーストマスターズクラブを作る : 長年言い続けていたのですが、ようやく実行にうつします。年明けからデモミーティングをやって、できれば6月末に立ち上げたい!

・パートは週3回に : ITベンチャーでのパートは週3のみにして、自由に使える時間を増やしました。が、それをまだあまり活用できていない。。。

 

くらいかな。機嫌良く元気に暮らせているのが何よりです。

 

10〜11月になると来年のことを考えたくなるのか、今年を振り返りたくなるのか。去年ブログを始める!と意気込んだのもちょうどこの季節。今年もやはり気合が入り、色々と調べた結果「逆算手帳」なるものを使い始めました。やりたいことリストやライフビジョン、プロジェクトなど、コンセプトが面白くて。

ようやくやりたいことリストを書き上げました。

晒した方が良いらしいのですが・・・流石にまだそこまでの覚悟が出来ず。汗

残りの部分を着々と仕上げて、「ふわふわとした夢を現実に」したいものです。

 

ぱふぇでした。

今日は天赦日です。

どうも、ぱふぇです。

今日は「天赦日(てんしゃび、てんしゃにち、と読むそうです)」だそうです。なんでも「天がすべての罪を赦す(ゆるす)という最上の吉日」というらしく、罪深い私にはありがたい日です。かつ今日2018年2月1日はさらに「一粒万倍日」と「甲子(きのえね)」が重なるというかなり縁起が良い日で、何かを始めるにはピッタリな日だそうです。

 

そんな日に、ご縁があり、新しいお仕事のお話をしに、昼から人と会うことになっています。

会った後に書けば良いのですが、なんだか良い話になるような気がしているので、先に書いています。笑

 

大学で英語を専攻していて、一時は同時通訳になりたいとまで考えていた私ですが、結局根性がなくてそこまでのレベルには至らず、趣味程度に英語を続けていました。

前のお仕事では日常的にメールのやりとりなどで英語を使っていたので、レベルは低いなりに、いろんな国の人と英語でやりあう術は知っているつもりです。その経験から言えるのは、実務で必要なのは、文法も語彙力ももちろんですが、何よりシンプルさと「伝えたい!」という気持ちだ、ということです。

 

そんな私が、ひょんなことから英語を教える仕事をして見ないか、と誘われました。その話があってから今まで全く考えていなかった「英語を教える」ということに興味津々になり、ちょっとやってみようかな〜、と考えています。

と言っても、学歴があるわけでもなく、英語のレベルもそこまで高くない私・・・。教えられるのはもっと実用的な、かつ、海外の人と実際にやりとりできる英語。「世界と繋がるための英語」を、教えるというより体験する ようなことをやりたいな〜。

 

外国人観光客向けの「おもてなし英語」や、SEのための「IT英語」なんかもやってみたいです。つたない英語でも通じた時の嬉しさは感じることができるので、それを多くの人に実感してほしいですね。

 

では、行ってきま〜す。

ぱふぇでした。

 

いつも締め切りに追われる私

どうも、ぱふぇです。

さて、趣味でアマチュア落語サークルで素人落語をしております。年に5回ほど、お寺の集会所を借りて「勉強会」と称した会を行いますが、その出番が2日後に迫ってきました。

正月休みもあったのにろくに稽古せず、焦ってきました。

落語は就職した年に、会社という閉ざされた人間関係に少し飽きてきた頃に「何か面白いことないかなぁ〜」と思っていたところ、新聞に「上方落語講座」なるものの募集がありまして、5回の講座を受けたら大変面白く、毎年行われるその講座のOBの人で結成されたゆるい落語サークルに入ることにしました。もうすぐ20年近くになります。

そこでの芸名が「巴笛」と書いてぱふぇなのです。

講座ではプロの噺家さん、林家染語樓師匠が教えてくださいました。飄々とした師匠で、噺に入るとふわぁっと落語ワールドに引き込まれる、言葉ひとつで異次元に行ける落語という芸に、面白いなぁ、とハマったものです。

とはいえ、聴くのも、演るのも、気まぐれなもんで、長く続けているわりには全然上達せず、噺のレパートリーも増えない、ぐうたらアマチュア落語家です。それでも最近になって、やっぱり落語って面白いなぁ、と感じるようになったのは、年のせいでしょうか。

落語は、主人も、娘も、一緒にやっています。落語一家です。落伍一家ではないです。明後日は3人とも出演するのでそれぞれ(いや、私以外)必死に稽古しています。なかなか稽古している姿を私に見せない娘の出来に不安を感じていましたが、昨日ちょっと聴いてみたら私よりはるかにネタが入っていて、かなり焦りました。

 

この落語ともう1つ、英語でのプレゼン・スピーチを練習するサークル「トーストマスターズクラブ」にも入っています。こちらももうすぐ20年になります。

トーストマスターズクラブについては色々と書きたいことがたくさんあるのでまたの機会にしますが、こちらも、自分で「この日にスピーチします」と宣言し、年何度か、人の前でスピーチをする機会があります。

この2つの趣味のせいで、いや、おかげで、いつも締め切りに追われています。落語の出番とスピーチと。

落語は既にある噺を覚えるのに苦労し、スピーチは自分で内容を考えるのに苦労します。そしてどちらも、間際にならないと練習・準備を始めません。小学生の子どもの夏休みの絵日記のようです。また、出番・発表が近づいてくると、現実逃避で、他のことばかりしたくなります。ヤカンを磨いたり、ブログを書いたり。

ヤカンを綺麗に保つため、ブログを続けるため、落語とスピーチを続けようと思います。

さて、明後日の出番、無事終了しますように。

ぱふぇでした。

 

 

インバウンド × XXX で楽しいことを

2018年の抱負が知らぬ間に投稿してされていて、アクセス・読者が増えて(といっても、一桁)驚いた ぱふぇ です。

今後やっていきたいことを整理し、行動に移すために、夢(妄想?)を書いていこうと思います。

ずっと海外と日本を繋げる仕事をしたいなぁ、というのが自分の軸としてありまして、前にやってた国際物流の仕事は結構それにドンピシャなものでした。

でも、その仕事も辞めてしまい、また、前職でも、もっと人と人を繋げる仕事がしたいなぁ、というのを感じていました。これから何をしようかなぁ、と周りを見渡すと

 

外国人観光客がわんさか。

 

が、

 

地元の日本人と話している外国人観光客はそんなにいない。。。

 

飲食店や物販店、観光関連、交通など、お仕事で外国人観光客の方と接する人はいるとは思いますが、普通の日本人として生活していて、外国人観光客の方とお話しをする機会はほとんどないのではないでしょうか。

まぁ、そんな機会、要らないよ、と思う人も多いとは思いますが。

2020年には東京オリンピックが開催され、大阪は2025年の万博の誘致をしています。

インターネットの時代、どんどん国境は曖昧になり、今後ますます国際化が重要になります。

そんな中、日本が本当の意味で国際的な国か?というと、そうでもないような。

なので、日本に住む普通の日本人が、外国人観光客の方との交流を通して、国際交流って楽しいな、と感じるような機会を作ることができたら素敵だなぁ、と思っています。

日本にいながら様々な外国の文化を知る。また、外国の方との交流を通じて、自国の文化も再認識する。そういうことが気軽に体験できる仕組みがあれば良いなぁ、と。

特に今後世界を相手に生きていく、子どもたちや若い方にそういう機会があればいいなと思います。

 

で、何をするか。

 

1つは、宿。ホテル不足とも言われていますし、民泊も今年から解禁されます。

でも自宅ではとても無理なので、専用のスペースを用意しなければいけません。

が、年間180日しか稼動できないのであれば、とてもそれだけでは続けることができません。簡易宿泊所とか別の形態で宿ができるほどの元手も無いですし。

なので 夜は宿、で、昼間は別のこととして使えるようにしたらどうかなと。

例えば、午前中は地域のお年寄りが集う場所として。文化教室で書道や手芸などをして、そこに外国人観光客の方も参加できる。そこに地元の人との交流が生まれる。

午後は小学生の塾・語学教室。外国人のお友達が出来たら楽しいじゃないですか。

夕方はカフェなど。会社帰りのサラリーマンと外国人観光客が語り合う。素敵。

 

という、宿+シェアスペース 的なものがやりたい!という妄想で毎日ニマニマしています。

 

ニマニマしているだけでなく始めよう。

というわけで、まずは物件を探します。

 

民泊というと今は何となくネガティブな感じが先行してますが、きちんと手続きをしてオープンにし、適切な運営をして、地域に受け入れられる場にすれば、日本の国際化の1つのツールになると思います。

 

とはいえ、インバウンドは宿に限ったことではないし、場所が見つからないと始まらない部分もあるので、宿以外でも インバウンド ×  XXX で何か楽しいことをしていければなぁと考えています。

 

さてはて、どうなっていくのかしら。

ぱふぇでした。

 

 

 

 

「2018年の抱負」

今週のお題「2018年の抱負」

 

明けましておめでとうございます。今年も良い年でありますように。

 

今年の抱負、というか、モットーは次の5つです。

・大事にする

・行動する

・遠慮しない

・ケチらない

・楽しむ

 

まず、大事にする、ということ。今まで生き方が非常に雑で、色々なものを大事にしていませんでした。時間、お金、ご縁、身の回りのもの、その他にもたくさん。

私は非常に恵まれた境遇で、おかげさまで大きな苦労もなく育ち、暮らしてきたのですが、逆に、そういう境遇ゆえ、自分の周りのものを当たり前と思い、「ありがたいなぁ」と大事にすることを忘れがちです。色々なものを「ありがたい」と思い、大事にする人生にしたいと思います。

 

そして、行動する。つい、頭でっかち、夢を語ってばかりの私なので、今年はここ最近で語り尽くした夢を少しずつで良いので形にしていこうと思います。語っていたのは主に自分の頭の中と付き合わされる主人だけなので、夢についてもブログで書いていこうと思います。

 

ブログを書くのにまだつい「こんなこと書いて、他の人はどう思うだろうか」とか色々考えてしまいます。実際の生活でも、言いたいことを言うほうですが、それでも肝心なところで人の目を気にしたりして、思いを出せないことがあります。今年は他の人が何と思おうが遠慮することなく、自分の思うことを発信し、行動する年の始まりにしたいです。

 

それと、仕事を辞めて、モロに収入が下がり、ついに自由に使えるお金が底をつきました。(涙)今年は働きます。人の役に立ってその分のお金を頂戴し、生活を良くします。ずっと働いてきたのに、そんな当たり前のことを、考えたことなかったです。お恥ずかしながら。ケチケチすると心もケチケチになるので、ケチるのではなく、良い生活をしたければその分、人のお役に立つことをせっせとしていきます。

 

そして、何より、楽しみます。家族も、自分も、元気で、今が一番充実した時期なので、日々大切に、機嫌良く、楽しんで過ごします。

 

今年一年ももちろんですが、これからの人生をどんどん素敵なものにしていきます。

 

ぱふぇでした。

最高の20円の使い方

どうも。ぱふぇです。今年もあとわずかとなりました。

 

昨日は姪っ子2人が遊びに泊まりに来て、三人娘の母の気分を味わいました。小さいうちは大変なのかと思いますが、もう放っておいても3人で遊んでくれるくらいになると、1人娘よりずっと楽ですね。やっぱり3人くらい子どもが欲しかったなぁと思います。手が空いたので簡単なおせち、といっても黒豆とお煮しめ、栗きんとんくらいぐらいですが、作りました。あとは実家で頼んでくれてるものをみんなで食べます。自分が小さい頃は母が29日くらいからおせちを作ってくれて、「三が日ご飯を作らなくて済むように」と言うのを「3日作らなくて済むように3日一日中台所に立つのって、、、なぁ」と思ってたもんです。慌ただしい年の瀬の感じがなんとも言えず好きで、同じ感じを娘に味あわせてやれないのを少し申し訳なく思います。

 

さて簡単に夕飯を済ませて、近所の銭湯にみんなで行きました。土曜日は大人1人につき子ども3人まで無料でおトクです。ここでも3人で勝手に入ってくれるのでラクチン。ゆっくり髪を洗って上がりました。寒いのでさすがに髪を乾かさずに出るわけには行かないなぁと、いつもケチってタオルで乾かすだけのところをドライヤーを使おうと決心しました。だって20円かかるんですよ。

先に姪っ子をドライヤーで乾かして、さ、私もと思ったらちょうど20円の3分が終わってしまいました。あら、まだあと20円いるのね、しぶしぶ両替し、ドライヤーに20円入れようとしてふと、横にある、昔パーマあてる時に入ったオカマみたいな物体が気になりました。

これ、ドライヤーよなぁ?普通のドライヤーでなくそちらに20円入れてみました。温風が出てきて、中に入ると。。。すごい!!!温風がゴワーーーーーーっ!!!みるみる髪は乾き、乾いた髪がどんどんグルグル巻きに、まるで頭の上にソフトクリームを作ってるみたいにトグロを巻いていきます。すごいので姪っ子と交代したら長い髪がどんどんグルグル上に上がっていきます。また交代してもうなすがままに3分間オカマに入って、チン!3分経ったら超爆発した頭が完成しました。子どもたち、大爆笑。

オカマに入ってる間もなんだかおかしくなってきて、最後はコントのオチみたいなアタマになって、もう、笑いが止まりませんでした。次何か嫌なことがあったら銭湯入ってオカマで頭爆発させたら全て忘れそうです。20円で3分、こんな最高の体験は他にないなぁと思います。

最高な笑い納め。来年も笑って過ごそう!明るい気分で年の瀬を過ごしたぱふぇでした。

良いお年を!

 

 

 

 

探し物は何ですか

どうも。朝起きると腰がギックリした感じになってて冷や汗が出た ぱふぇです。

今日は朝から年賀状の日、と決めていました。腰のギックリ感、嫌な予感がしました。

とはいえ歩けるし、朝ご飯を食べて、さぁ、年賀状書くぞ!と、過去の年賀状の束を入れている箱を開けてビックリ。

 

2017年の束がありません。(T_T)

 

1年分ずつ輪ゴムで止めて、出した人のリストと一緒にまとめて入れた箱。ここ10年ほど束の厚みはほとんど変わらず、人間関係の固定化が見て取れるその箱。が、去年の束が入っているはずの一番左端に2017年、平成29年の束がありません。。。

 

枚数もそれほど出さないので、毎年、前年の束を見て住所を手書きして、一言メッセージを添えて出すという超アナログな私なので、その「束」がなければ何も進みません。この箱以外には入れるはずがないのですが。

夫に聞いても「机の上に置いてあったのを見た気がするけど、そのあとどこに行ったか知らない」、娘に聞いても「知らなーい」。

机の上、本棚、タンス、物置、思いつくところは全て探しましたが見当たりません。

 

井上陽水さんの歌が頭をぐるぐる回ります。

「探し物は何ですか〜」… 去年の年賀状の束です!

「見つけにくいものですか〜」… いや、そうでもないと思うんですけど。。

「カバンの中も、机の中も、探したけれど見つからないのに」… はい、見ましたよ。

「まだまだ探す気ですか」… いや、今日中に書かなきゃいけないんで

「それより僕と踊りませんか」… えッ?!?!?!

「夢の中へ 夢の中へ 行って見たいと思いませんか」… いや、それ、完全現実逃避でしょ。。。

「ウフッフ〜〜」…笑うな!

「ウフッフ〜〜」…だから、笑うなって!

「ウフッフ〜〜」…もぅ!!!!!

「さぁあぁ〜〜〜〜」… zzzzz (<-フテ寝)

 

3時間があっという間に過ぎました。

曲は井上陽水から大沢誉志幸さんに変わります。

「そして僕は途方にくれる〜〜〜」。。。

 

気分転換にお昼ご飯を食べ、それまで他のことをしていた夫も搜索に加わってくれたその時です。

「探すのをやめた時 見つかることもよくある話で」

を口ずさみ、ふと、最初に開けた箱の束を右端から、干支を言いながら見ていったら

真ん中あたりにニワトリの絵の束があります。

ん?

ニワトリ?

今年?

2017年?

 

あった〜〜〜〜〜〜!!!!!!

 

最初に開けた箱にありましたです。ハイ。

 

 

こんなもんです。毎日。

 

夜、ムスメがお風呂から上がって「ママ、レッグウォーマーの片方が無い!」と言うので、「洗濯物のカゴに落ちたんじゃ無いの?」と聞くと「最初に探した〜」と。他のところも全部探して、やっぱり無いらしく「一緒に探して〜!」と言うので風呂場に行くと、ありました。最初に探したという洗濯物のカゴに。

デジャブ? 笑

 

さ、年賀状書こう。

ぱふぇでした。